ブログ

人事がTwitterをはじめるには?参考アカウントも紹介


目次[非表示]

  1. 1.採用でTwitterを活用すべき理由
    1. 1.1.潜在層のターゲットに訴求できる
    2. 1.2.外部要因の影響を受けにくい
    3. 1.3.会社の空気をリアルに伝えられる
    4. 1.4.採用コスト削減
  2. 2.人事担当者がTwitterを運用する際にすべきこと
    1. 2.1.発信する軸を定める
    2. 2.2.一方的な宣伝ばかりでなく「共感」を誘うツイートを
    3. 2.3.定期的な投稿をできる体制を整える
  3. 3.参考にしたいTwitterアカウント6選
    1. 3.1.採用モンスター(おっしー)@人事で組織を元気にする(フォロワー:7,283人)
    2. 3.2.黒須 仁美@free web hope(フォロワー:9,144人)
    3. 3.3.小澤 美佳|knit広報|活き活きとした組織作り(フォロワー:2.2万人)
    4. 3.4.あっきゃん(フォロワー:2万人)
    5. 3.5.株式会社GNE/人事/yoko(フォロワー:1.2万人)
    6. 3.6.きこりん@リバラボの採用広報(フォロワー:4,772人)
  4. 4.まとめ
  5. 5.手軽に採用オウンドメディアが構築・運用可能な『HIKOMA CLOUD』


最近多くの人事担当者がTwitterで採用広報を行っています。Twitterは自由度が高く、拡散されやすい特徴があるため個人の意見や行動から多くのファンを集めることができます。
今回は採用でTwitterを利用する際に押さえておきたいことや参考になるアカウントを紹介します。

採用でTwitterを活用すべき理由

Twitterで採用を行うと、従来の求人媒体とは違う角度からターゲットに訴求することが可能となります。特にどのような部分が優れているのか、Twittermを活用すべき理由は以下の4点です。

潜在層のターゲットに訴求できる

TwitterはさまざまSNSの中でも特に拡散力が高いため、フォロワーと横のつながりをつくりやすい特徴があります。リツイートなどで既存のフォロワーに関連するフォロワーとつながったり、話題性が上がった記事にリプライが来たりして交流が始まります。そのため、潜在層に訴求するために最も使えるSNSであると言えます。

外部要因の影響を受けにくい

また、Twitterは比較的外部要因の影響を受けにくい媒体です。オウンドメディアやECサイトはGoogle検索を活用したWebマーケティングによって絶大な集客力を誇りますが、Googleのコアアップデートやプラットフォームの利用規約の変更によって、集客や購買に大きな影響を受ける場合があります。TwitterはGoogle検索活用によるWebマーケティングの影響を受けない分、発信を工夫し、共感や応援で潜在層のターゲットを引きつける必要があります。発信者への好感や企業名の直接検索からフォローするため、エンゲージメントの高い母集団を形成できます。

会社の空気をリアルに伝えられる

書いている人の顔が見えにくいサイトよりも、顔や名前が分かる社員の呟きはリアルに感じられます。また、リアルタイムで更新することができるため、サイトには掲載できない普段の様子を投稿でき、モチベーションの高い応募者を募ることができます。
運用する側としても企業を背景に個人ブランディングを行いやすいため求職者に影響を与えやすいです。
さらに、会社説明会や選考前にSNSをチェックしてくる応募者が多いため、質疑応答の質が向上するといった効果もあります。

採用コスト削減

SNSでの採用活動全般に関して言えることですが、無料のSNSを通じて採用するので採用コストが削減できます。ただし、他の採用メディアと比較すると運用工数は多くかかります。


人事担当者がTwitterを運用する際にすべきこと

採用においてTwitterを有効活用するには、コツを押さえて運用する必要があります。ターゲットにしっかり刺さる投稿を行いアカウントのファンを集めるために、以下のことに気を付けましょう。



発信する軸を定める

発信者の経歴やスキルをもとに、ターゲットに対して与えられる有益なテーマを設定します。必ずしも高度なテーマである必要はありません。
また、フォローする人が一目見てフォローする価値が分かるようなプロフィール作成を心掛けましょう。

一方的な宣伝ばかりでなく「共感」を誘うツイートを

作り込まれたコンテンツはフォロワーとの心の距離をつくってしまいます。「共感」や「応援」を誘うツイートをすることで、フォロワーは価値を感じることが多くあります。企業の魅力を一方的に発信するのではなく、ターゲットにとって有益な情報や興味を引く話題で双方のコミュニケーションを図ることが重要です。

定期的な投稿をできる体制を整える

Twitterは投稿する頻度によって認知度やエンゲージメントの高まり具合が変わります。定期的に更新できるよう、普段からネタを探し下書き保存に溜めておくなど工夫しましょう。
他の人事業務を行いながら投稿を頻繁に行うことはなかなか大変です。頻繁な投稿が難しい場合は、予約投稿アプリを使用することも一つの手でしょう。

参考にしたいTwitterアカウント6選

Twitter採用を始めるに当たって参考となる人事担当者のアカウントを紹介します。プロフィールやコンテンツ、フォロワーとの交流方法など参考になる部分が多くあります。採用のターゲットとなる方だけではなく、人事担当者のアカウントもフォローし情報交換も行い、採用活動に還元しましょう。


採用モンスター(おっしー)@人事で組織を元気にする(フォロワー:7,283人)

採用モンスター(おっしー)@人事で組織を元気にする! (@recruit_monster)

(株)採用モンスター 代表取締役社長 鴛海敬子(おしうみ)プロ人事のスキルシェアをしている会社/人事で組織を元気にするエンジニアのキャリア相談受付中/情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教授/年齢は背番号/組織のおかん/愛情深いトラ/声が異常にでかい/コミュ力おばけ/ラーメン好き

黒須 仁美@free web hope(フォロワー:9,144人)

黒須仁美💘free web hope (@hitmeeeeen)

LPに鬼強い会社で、心の貧困をなくす事業と中途採用とライターやってます/よくクライアントさんのLPや記事に登場してて「頭を使わずに読める情緒的な文章」が得意/ライティングのお仕事はDMにて/週末釣りYouTuber/成果で殴る。夢は他人の夢になること/94' 茨城県産

小澤 美佳|knit広報|活き活きとした組織作り(フォロワー:2.2万人)

小澤美佳 | knit広報 | 活き活きとした組織創り (@mica823)

2021年可能性が広がるアカウント40選に選出/400人全員テレワークknit(https://knit-inc.com)/オンラインマネジメント/オンラインファシリテーター/強みを活かすチーム創り/リクルート10年/元リクナビ副編集長/副業で大学講師/66ヶ国訪問/95%フォロバ/半径5m以内の人を幸せにしたい

あっきゃん(フォロワー:2万人)

あっきゃん (@_akkyann)

【臨場感溢れる日常話を届けます】短文羅列×情景描写×140字= #あっきゃん構文 |24歳|香川出身|ベンチャー立ち上げ中の管理職|開設100日目 フォロワー2万名様達成|文章力上げたい方フォロー必須|140字の私の世界へ皆を連れて行きたい。

株式会社GNE/人事/yoko(フォロワー:1.2万人)

株式会社GNE /人事 / yoko/🧠💭 (@yoko_gne)

【ノンフィクションな人事の日常】社長/会長/理事長秘書でベンチャー渡り歩き|秘書/人事/広報できます|経営者の思いを具現化するお仕事|役員と社員の架け橋となり通訳をします|雇う側と雇われる側の両面から遠慮なくつぶやきます|ベストベンチャー100に6年連続ランクイン|環境事業の総合商社

きこりん@リバラボの採用広報(フォロワー:4,772人)

きこりん@リバラボの採用広報(@rebirthlab1)

株式会社3Backs 経営企画部/広報PR/学歴社会に負けず がんばる若者を応援する会社/採用広報/#リバラボインターンシップ/SNS運用/ベンチャー広報に未経験ジョイン/Wantedly運用 月700エントリー/#リバラボヌーボ 配信中/熊本出身/うどんとお寿司/PR, 採用, キャリアたまに恋愛/夢は講演会


まとめ

今回は人担当者がTwitterアカウントを開設して運用するために押さえておくべきポイントや活用事例を紹介しました。上手に活用できると横のつながりを急速に増やすことができ、採用や人事担当者との交流の幅が広がります。社内の情報や有益情報を発信し、社外から得た情報を社内に還元してより良い会社づくりを目指しましょう。


手軽に採用オウンドメディアが構築・運用可能な『HIKOMA CLOUD』

本記事をお読みの方の中には、採用コストを下げるためにSNSの活用を検討された方も多いのではないでしょうか。採用コストを下げるにはSNSの活用の他に自社で採用メディアを持つという手段もあります。 
『HIKOMA CLOUD』は、月額4.98万円で、採用オウンドメディアの立ち上げから、メディア更新&運用・その後のマーケティング支援を提供しています。採用の成果を上げたいけどリソースやコストが足りない方、ぜひお気軽に資料請求やお問い合わせください。



欲しい人材からの応募獲得でお悩みの方は お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら
平日10:00~19:00
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
HIKOMA CLOUDの詳細がわかる
お役立ち資料はこち